スズキ イクミ (20)
映像の勉強中。
4月から新社会人。
ブックマーク
⇒俺達、蓮根族!
⇒佐藤祐樹の
今日のおもらし
⇒4度目の正直
⇒802
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 12月 ( 40 )   > この月の画像一覧
トップ▲
2006年 12月 30日
新居
a0088394_249077.jpg

賃貸物件を探しています。

就職先は確定した様子で、もし今話をもらってる会社が駄目になっても
映像業界からは離れないし。

ということはつまり、4月からは昼とか夜とか関係なくなるというわけで。
つまり。
横浜や川崎と違って、いわゆるその他の神奈川県である藤沢から
東京へ通勤するのは厳しく。
要するに一人暮らしを始めるということは決まりで間違いないということです。


6万までしか出さねえよあたしゃ。
で、1K以上で2階以上で、何より南向き。
これまでたたみの部屋が多かったからフローリングがいいなあ。
トイレ風呂は別ね。
ネットができる環境がいいな。




どうせ寝床だけになるんだろうけどさ。
[PR]
by suzki-icmi | 2006-12-30 03:41 トップ▲
2006年 12月 28日
胸部
a0088394_2112848.jpg

病院へ行ってきましたよ。
ついに。
前々から言われていた胸部X線再検査。

ええまあ。
うん。
なんともなかった。

問診の様子をここで紹介したいと思います。
先生は30代の若々しいカッコイイ男性でした。
・・・・・
医者「以前のX線で引っかかった部分というのがここなんですが・・ここ。あ、ここね。」
いくみ「・・・・・・・・・え。」
医者「フィルム小さくて見にくいんだけど・・・(ペンを胸から取り出しフィルムに丸を付ける)
    ・・・・・ここです。このー小さい輪っかみたいなの。本当に小さいんですがね。」
いくみ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あ。あった。」
医者「ね。で。ここちょうどね。その。おっぱいの位置なんですよねここ。」
いくみ「はいはい」
医者「だからねえ。位置的にねえ・・・そうじゃないかと・・・」
いくみ「・・・は?・・・・・あ・・・・・・んーああ!すみません。なるほどね!!あー!なるほどね!」
医者「そう。そうなんですよ。そうなんでね。なもんですから。
    いや。大丈夫だと思うんだけど。一応地下行って撮ってきてもらっていいですか?」

地下のレントゲン室へ行って撮影。
再び内科へ。

医者「鈴木さーん。はい、お待たせしました。あ。おかけください。」
いくみ「あ。はい。」
医者「やっぱりそうだったみたいなんで。」
いくみ「そうだったですか。」
医者「ええ。大丈夫です。帰っていただいて構いません。」


最後の最後まで乳首とは言いませんでした彼。
お察しください的な空気が流れてました二人の間に。


_診断結果を会社にも報告。
就職の件に関しては年明け以降に連絡を取り合うことで年収め。
問題が一つ解決です。
[PR]
by suzki-icmi | 2006-12-28 22:28 | DAYS トップ▲
2006年 12月 28日
再会
a0088394_8143497.jpg

写真は東京芸大の馬車道のスタジオ+シン。

思った通り、今日の居酒屋バイトは楽しかった。

2ヶ月程前に辞めていった縁深いお二人がカウンターに呑みにきていた。
何か話をしたかったのだけど、
なんだか気恥ずかしくて就職の報告をするにとどまってしまった。

私はいつもこう。
久しぶりに会えてとても嬉しいのに素っ気ない素振りをしてしまう。
幼い頃から引越しが多かったので
「久々に会う」機会がしょっちゅうあったのだけど、変わらずだなあ。

私はいつも送り出される方で、送り出すことはあまりなかったのだけど
最近はそうでもなくなってきた。

今年一年なんかは本当に別れの年で、たくさんの人が私の前からいなくなった。
たくさんと言っても2、3人だけど。


送り出される側は環境そのものが変わるので、意外とあっさり昔の地を忘れる。
送り出す側は環境そのままにポッカリ穴が空くから、なかなかその人の匂いがとれない。

たくさんの引越しの中で、幼い頃から「別れ」を知っていたつもりだったけど、
本当の「別れ」を知ったのは20歳も間近に迫るここ最近かもしれないとふと思った。

だから今、大切な人であればあるほど、
どういう形であれ目の前から去ることに過剰反応するのかもしれない。

なんて、一年の時のシナリオの授業みたいな文章。

ゴローさんのお店に来年こそは顔を出そう。
私のこと覚えてるかな。
[PR]
by suzki-icmi | 2006-12-28 00:26 | DAYS トップ▲
2006年 12月 27日
青空

a0088394_8232092.jpg
昨日送信したメールの返信が、今朝目覚めると届いていた。
ここ数日間、言いようのない脱力感に襲われていて何もする気が起きなかった。

あれはどうなってるんだ。
早くこれをしてくれ。
と周りに追い立てられ、
もう駄目だ何にも手がつかない。
もう誰も味方がいない。
と、諦めたときにメールが届いた。

身の回りに常に感じていたいろんなものが全てリセットされた気がした。
一気に体が軽くなった。

素直に言葉が入ってきた。
さっきまでは誰に何を言われても何も感じなかったのに。

悔しいけど、彼の言葉だからだ。

9月に初めて彼に会ったときもそうだった。
私は結構いい感じにやさぐれていた。
彼に会って、まだ頑張れば私でも何か起こせるのかな、と調子に乗った。
私はあの時、地上まで引っ張り上げてもらったな、と常々思う。


…ちょっと褒めすぎ。
でも。本当に不思議な力をもっていて。職人技かもしれないが。
親でも恋人でも友達でもない変な関係だから素直になれるのかもしれない。
とういうか。素直に話を聞けるようにこの3、4ヶ月で教育された感もある。

今日からまた気合入れ直しです。
まだ間に合う。
まだいける生徒会。懐かしーねこのフレーズね。

焦りすぎだった。
今までと比べて悪意ある言葉や、厳しい世の中に触れて気がつかぬ間に落ち込んでいた。
みんながみんな自分を好いてくれるわけではない。ってね。
当たり前のことだけど、学校と社会では前提が違うから気がつかないままいくと大ダメージだ。

昨日の大雨はもう青空に変わっている。

声をかけてくれたみんなありがとう。
[PR]
by suzki-icmi | 2006-12-27 13:40 | DAYS トップ▲
2006年 12月 26日
蒲田
a0088394_8131556.jpg

_昨日は友達数人と呑んだが、少し悪酔いしたようだ。
"小田原まで行っちゃいました事件"の時に呑んだお店で酒盛り。
この店は梅酒のロックを注文すると、店員がグラスとボトルを持ってきて
「好きなだけ注いで下さい」
とボトルを手渡される。
実は関西人であり、恥知らずな私はロックグラスに擦り切れまでそれを注ぐ。

飯物については串が中心。
サラダが創作的でとても美味い。
料理も早く、接客も素晴らしい。

こじんまりながらオープンキッチンになっていて料理人にも注文がつけられる。
例えばこの店のタマゴ焼き。
看板商品面をしていたので頼んでみた。
中は少しトロッとめで、というと間違いなく私好みに半熟だった。


2杯目くらいから瞼が重たくなってきて、3杯目では完全にキていた。
日本酒バージョンの私である。

随分酔いは回っていたのに、友達らを2軒目に引っ張りこんだ。

小田原行っちゃおうよ体制ができたのだった。

終電まで呑んで解散。

起きたそこは小田原ではなかったが…






蒲田だった。
[PR]
by suzki-icmi | 2006-12-26 13:17 | DAYS トップ▲
2006年 12月 25日
親父
a0088394_812349.jpg

_意外と簡単に心が癒された。
さっき事務所へ納品書を出しに行った。
おやっさんがいた。
就職の報告をした。
喜んでくれた。
頑張るんだぞ、と励ましてくれた。
とても嬉しかった。

先月新しく入ったらしい編集の人と一緒に帰った。
笑顔で話した。
いつもの調子が戻ってきた。
[PR]
by suzki-icmi | 2006-12-25 20:07 | DAYS トップ▲
2006年 12月 25日
圧潰
a0088394_8235230.jpg

_てんやわんやです。
肺の検査を受けにいかなくてはならないものの保険証が ない。
再発行は厳しそうです。
4月から親の扶養も外れることだし、この際自分で申請してしまうかとも考えています。
...可能なものなのかは知りませんがね。

ネットで探した結果。
横浜に¥8000程度で肺やらなんやらの診断をしてくれる病院があったので
明日いってこようと思います。
ただ気になる注意書きが
『なにか疾患が発見された場合、保険証での内科診療をいたしますので
念のため、保険証を御持ちいただくことを御薦めしています』
だって。
何もないことを祈るばかり。

そうこうしているうちに会社から電話が掛かってきて健康診断どうなってるんだとお叱り。
連絡はこまめに取らねば。
大いに反省しました。

_先週は公私共にいろんなことがありすぎて、自分のキャパを超えている感が否めません。
オンとオフの境界線がグダグダになっています。
現実から逃げ出している自分がいることは間違いないと思います。

体調もずっとよくなくて、ずるずると重い体を引きずっています。
昨日の関節の痛みは間違いなく発熱のそれで、一晩寝たら治りましたが。
胃が痛いのは未だ治らず。
最近は1食ドカっと食べて後は食べない、という不健康そして肥満助長な生活でしたので。
そりゃあ胃も痛くなるわ。

_心身共にとにかく不調です。
今すぐやるべきこと。
継続してやらねばいけないこと。
期限付きでやってしまわねばいけないこと。
判断ができません。
仕事私事どちらも全く頭の中で整理がつかず。

自分の好みが分からないときが一番つらい です。
何が好きなのか とか
どうしたいのか とか

見えないのですよ
自分が何をしたいのか何を考えているのか

角がとれすぎたかな
[PR]
by suzki-icmi | 2006-12-25 16:56 | DAYS トップ▲
2006年 12月 24日
発熱
発熱しました。
犯人は分かっています。
被疑者が3人ほど上がっていますが彼らのうちの誰かでしょう。
発熱したくせにこれから会社行って用を済ませた後、ゆうきと呑み。
うっかり今日はクリスマスイヴですよ。
ゆうきにプレゼンツもらっちった!
わーいわーい。


まあそれはいいとして。


駒大吹奏楽演奏会は素晴らしかった。
感想は難しいこと書けませんが。

第1部に演奏された、去年亡くなった作曲家A・リードのエルカミーノ・レアル

スピード感溢れる前半はもちろん、緩やかな木管の中間部まで。
素敵でした。

ティンパニやパーカスを皮切りに少しずつ勢いがついていく後半も大盛り上がりで大層テンションが上がってしまいました。



仕事以外で演奏会を見にいくのは今日が初めてでした。
いつもはカメラのファインダーを通して
切り取られた部分毎にしか見ていなかったので
通しで全体の絵を見ていたのはかなり新鮮でした。

ああ。
客席から見てるとトロンボーンてあんなに動きが目立つんだ。
とかね。


仕事の時はカメラでかなりズームするので、奏者の真ん前から見ているかのような感覚。


もうなんだかうまく説明できないけど、指揮者は魔法使いですね。
彼らの手先の僅かな動きで会場に音を響かせる。
魔法のように見えました。

今回の卒業制作でも指揮者のキャラクターがなかなか決まらなかったのですがそのコンセプトで!

終演直後に麻生ちんに
「指揮者は魔法使いの方向で!」
と言ったらポカンとしてらっしゃいました。

相変わらず脳内で話を進めるのが得意な私。

とかぼやいてる間に根岸に到着。
[PR]
by suzki-icmi | 2006-12-24 20:20 | DAYS トップ▲
2006年 12月 23日
辻堂
a0088394_13355344.jpg

荷物の多いこと。
自転車でフラフラしながらやっと家に辿り着いた。

昨夜はカプセル班の面々と晩飯。
最近煙草1mgがヤツラの中で流行ってるらしく、11mgの私はモク中決定みたいな空気。
少しmg数を落とそうかと考えた。
肺のこともリアル気になるし。

昨日からずっとガムを噛んでいる。
今までは信じなかったが確かに煙草の量は減っていた。



今は辻堂大庭で行われる、母校の吹奏楽部の演奏会に向かう途中だ。
シンゴに電話して無理矢理引っ張り出した。
現地集合。

ああ。開演5分回ってしまった。急げバス。

これが終わったらペイちゃんと会う予定。
先程彼から連絡があり、脚本のことで話を聞きたいと。
ほんとに
カプセル完成を早く見たい。

あれ。どこで降りるんだっけ。
[PR]
by suzki-icmi | 2006-12-23 13:35 | DAYS トップ▲
2006年 12月 21日
投合
ロケ地と出演者へ挨拶回った。
高いものではないけど、お礼にお菓子を持って。

今日は定食屋ゆたかさんへ。
挨拶に行くと、お茶とサツマイモの甘いのを出してくれた。
放送局と呼ばれる陽気なオネエさまやお女将さんと氷川きよしの話で盛り上がる。
帰りにはリンゴまで持たせてくれて、逆に気を使わせてしまって申し訳ないと思いながらも嬉しいのであった。

昨日は小道具の付け毛を貸してくれた美容院ISLAさんへ。

嬉しい。
今まで接したことのないような人達と交わる機会が多くて嬉しい。


初めはぎこちない言葉のやりとりも、会う回数を重ねる毎にスムーズに温くなってゆく。
まるで氷が溶けるように。

素敵だな。

これから社会に出て、目まぐるしい毎日。
もしかしたら一人一人の人間とここまでゆっくりキャッチボールできないのかもしれない。

それでも。
まだまだもっといろんな世界を見てみたいとワクワクしてしまう私。

今日は少し落ち込むことがあってテンションが落ちていたけど。
ちおりと晩ご飯を食べて、昼間のそれを思い出したら元気が出てきた。


寝不足なのかとても眠い。
明日は東さんに率いられて東京芸大のスタジオ見学。
カプセル班に便乗させてもらった。

久々にカメラの前っちと会う。

うーん 明日も楽しい一日になりそうだ。
[PR]
by suzki-icmi | 2006-12-21 20:12 | DAYS トップ▲