スズキ イクミ (20)
映像の勉強中。
4月から新社会人。
ブックマーク
⇒俺達、蓮根族!
⇒佐藤祐樹の
今日のおもらし
⇒4度目の正直
⇒802
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006年 12月 12日
決めカネル
就職の件。
話す人には話したが、決めカネている。
今現在自分のやりたい仕事ではなかったりもする。
ただいちがいにそうも言い切れなくて、喰わず嫌いなだけのような気もする。


有名になりたいとかそんな欲は実は今のところほとんどなくて。
ただ望むのは自分が成長し続けたいということだ。
その成長の果てにこうなりたいという未来理想図はあれどというやつ。


私が満たされる瞬間は映像を通して人との繋がりを感じる時。
単純にそこに映像があれば、カメラがあればいいだけでは済まないのが厄介だ。

人がいなくては。
たとえばカメラマン。
たとえば役者。
たとえばロケ地交渉の相手。
たとえばスポンサー。

多ければ多いほど興奮する。
規模云々ではなく、それだけ接する機会の人が増えるから。それだけ。


逆を言うと、そういう共同制作というジャンルであれば映像でなくても構わない気もする。
たとえばイベント企画の仕事でもいい。
人を感動させる何かを人と共に作り上げたいらしい。

正直なところ、芸術とは何かなんてクソくらえだ。
ここまでが芸術でここからはそうじゃないなんて私には高尚過ぎて分からないし、答えを出す必要もないと思っている。

特に映像にこだわる理由もなく、今惹かれているからそれを職にしようとしている。
表現の方法にしようとしている。

いつ気が変わって別の道を走りだすかしれない。
知っての通り、鉄のように熱しやすく冷めやすい。
日々フラフラ好き勝手やっている私だ。

ただ常に自分の仕事に誇りをもっていたい。
と、いうより生き方に誇りをもっていたいと思う。



ところで就職の話にもどる。
と、思ったけど家に着いたのでまたにする。


言っておくけど私は映像を愛してる。
それでも生き甲斐は人との交わりだ。
[PR]
by suzki-icmi | 2006-12-12 00:45 | DAYS トップ▲
<< 呑みしかねえ! 変化のない日常がもたらす変化 >>