スズキ イクミ (20)
映像の勉強中。
4月から新社会人。
ブックマーク
⇒俺達、蓮根族!
⇒佐藤祐樹の
今日のおもらし
⇒4度目の正直
⇒802
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006年 11月 11日
雨をも止めよう
a0088394_2151356.jpg

*夕方に学校へ行ってきました。
月曜のカメラテストについていろいろと機材の借用を。
建物の中にいるときはバッチリ降ってるのに、一歩表へ出ると止んだ今日の雨。
神が降りた。
こんなとこで降りてきちゃった。

明日は実は現場でした。
丸一日企画の詰めに充てようと思ってたのに。
しまった。

*今日は帰りに川崎で「block party」を鑑賞。
音楽は世界を変える。という宣伝文句に惹かれて、なにかしら影響されようと。
ヒップホップ東海岸ドキュメンタリーでした。
ドキュメンタリーだって分かってたらあんなに前の席には座らなかった。
カメラ酔いした。

ワタシが描きたかったのは単なる、日本人と外国人の文化の違いや
どっちが善い悪いではない。
こんなにも違う「外国」と「昔の日本人」でも共通していることは
国を愛していること。

映画を鑑賞して、その方向性が浮き出てきた。



*今日のたけしの教育白書で石原慎太郎が放った言葉にカチンときた。
いや、こういうこと言うのって、
子供が大人に甘えてるみたいでちょっとかっちょ悪いな、とは思うんだけどさ。
思ったことは素直に口に出してみます。

「子供時代に楽をした人間は必ず不幸な大人になりますよ」
それは貧困でない生活を送ってる日本の家庭に対する石原都知事の発言。

そんなこと言われた我々若い人間はどうしたらいいのよ。
必ず不幸になるといわれて、人生のモチベーション上がりますか?
23時。
中学生やもしかしたら小学生も観ている時間帯。

それこそが先ほどから彼らの論じているメディアリテラシーなのではないか。

日本の諦めムードを作り出しているのは他でもない。
政治家とメディアであるとワタシは思う。

ありもしない夢を語れといっているのではない。

言葉を選べ。
それが言いたかっただけ。

何千人もの人間が見てるの分かってるんでしょう。
[PR]
by suzki-icmi | 2006-11-11 23:58 | DAYS トップ▲
<< 終点小田原駅まで各駅に停車いた... だって毎日楽しすぎるんだもの >>